不用になったカメラの処分方法

以前は家族の行事や趣味など様々なシーンで活躍していたカメラ。今はスマホが普及し、その画素数も一眼レフと劣らないほどきれいということもあり、ほとんど写真撮影はスマホになったという人もいるでしょう。要らなくなったカメラはそのままにするのではなく不用品買取専門業者か、カメラ買取業者へ依頼をしましょう。

不用品回収業者に頼めば引き取り&買取が可能

レディ

不用品回収業者が行なっている主なサービス

不用品回収業者が行なっている主なサービスは、危険物から日常の中で出てくる様々な不用品を回収し、使えそうなものは買取ってくれます。カメラなどの小さなものから、白物家電や黒物家電寝具や収納家具など様々なものを買取しています。もし不用品の中に買取可能な商品があったら査定を行い、金額が出たら回収費用からその金額を差し引いてくれるでしょう。

電卓

買取依頼にかかる費用の相場

基本的には3,000~5,000円かかりますが、品目によって金額が変わります。白物家電は4,000~10,000円、黒物家電は4,000~8,000円、寝具は2,000~5,000円です。これにオプション料金が発生することもあります。例えば依頼先にエレベーターが在るかないかで労働量も異なるので、金額が発生することもあります。

船舶解体なら専門業者にお任せ!

自分で処分する方法と業者に依頼する方法の違い

自分で処分する方法

自分で処分する方法は、自分で業者のもとへ持っていき処分をします。自分たちの力で重いものを持ち上げ、トラックの荷台へ積んで乗せていくので慣れていないとかなり大変な作業になります。

業者に依頼する方法

業者に依頼する方法は、不用品回収業者へ連絡をし、不用品を回収してもらいます。手慣れたスタッフが作業を行うので、非常にスピーディで重いものもしっかりと運んでくれます。

依頼前に見積もりをしてもらおう

専門業者によって作業にかかる時間、金額、オプション料金が異なります。同じ大きさのものでもA社とB社では金額が大きく異なる場合があります。まずは依頼を決める前に見積もりをして、金額を比較してから依頼をするようにしましょう。カメラを売りたいときは、カメラ買取店を利用するなど専門店は高い額を提示してくれることもあります。

船舶解体なら専門業者にお任せ!

業者で引き取り可能な不用品の種類

財布

様々な電化製品や精密機械

使えないようなカメラを引き取ってくれます。また、白物家電や黒物家電など、大きいものから小さいものまでさまざまな家電が対象となるでしょう。炊飯器や電子レンジ、冷蔵庫やエアコンにパソコンや洗濯機など大きな電化製品でも業者が回収をおこないます。

ソファなどのインテリア

ソファやテーブル、いすにテレビ台やテレビ、本棚などリビングで使用する家具、絵画やガラス製品、掛け軸にさまざまな置物などのインテリアに関係するものも回収を行います。

収納をする家具

タンスや本棚、いらなくなったおもちゃ箱、食器棚に衣装ケースなど不要になった収納家具を回収します。引っ越しのシーズンになると衣装ケースやタンスなどこれらのものを買い取ってくれるお客さんが多いので、安くなることもあります。

ベッドなどの寝具

ベッドや敷布団、枕やカバーなど寝具に関しての商品の買取です。布団は長年使用すると臭いや汚れがでます。あまりひどいと買取を断られることもあります。壊れている場合も同じです。

漫画などの書籍

漫画や小説などたくさんの書籍も買取の対象になります。ただし日に当たって変色していたり保存状態が悪かったりすると買取を断られることもあります。保存状態をしっかりと確認し、日焼けで色あせしていないか確認しましょう。

ロッド買取を依頼するならここへ?

広告募集中